コンテンツ

レンコンの栄養・効能

レンコンの栄養・効能

レンコンの主成分は糖質であり、でんぷんやムチン質という粘り気の強い成分が含まれているため独特の歯ざわりの食感があります。

ビタミンCが豊富でみかんの1.5倍、大根の3.7倍に相当する量が含まれていると言われています。ビタミンCは熱に弱いのですが、レンコンはでんぷん質が多いため、加熱しても相当量のビタミンCが残ります。また野菜としては珍しくビタミンB12が豊富です。ビタミンB12は一般的には貧血を予防し、肝臓の働きを助けると言われています。

ミネラルではカリウムや亜鉛、銅、鉄を多く含みます。

ペクチンなどの食物繊維も多く、便秘解消や高血圧予防にも効果があると言われています。

風邪の予防や美肌に

風邪の予防や美肌に

レンコンのビタミンCは100gで1日に必要なビタミンをまかなえます。ビタミンCは疲労回復に効果があると言われ、細胞同士を繋げるコラーゲンを生成して血管や粘膜を丈夫にし、肌にハリを与えたり、ウィルスの核酸を破壊して風邪をひきにくくする作用があると言われています。

また発ガン物質を抑制する効果があると言われています。
タバコやお酒を飲みすぎた後はレンコンを食べるといいでしょう!

貧血予防に

レンコンに含まれるビタミンB12は貧血を予防します。また、ビタミンCや鉄も同じ効果があると言われています。漢方には「古血を散らし、産後の渇きを止め、産後のうっ血を治す」とあります。

便秘解消・動脈硬化・高血圧に

不溶性の食物繊維が多く、腸の働きを活発にして便秘を解消し、大腸がんを予防します。
また、コレステロールを下げて、血圧を正常にし、動脈硬化や高血圧の予防にも良いと言われています。

消炎・止血

レンコンの切り口が黒くなるのはタンニンのためですが、このタンニンの収斂(しゅうれん)作用は疲れた胃腸に良いと言われており、胃・十二指腸の下血や止血に良いと言われています。

黒木農園ブログでお客様の声を発信中!
ファックス注文用紙ダウンロード